【千葉市】屋根修理の特徴や主な工程について

これから千葉市内に住んでいる人が屋根修理を考えている場合、まずその主な作業工程に関して見ていくとまずは見積もりからスタートすることが普通になります。その後、屋根素材をはがし劣化している部分の修理をすることが必要です。

千葉県千葉市で一戸建て住宅を所有している人は、定期的に屋根のことを気にしておかなければいけません。屋根修理をしなければならないタイミングもあり、このタイミングを逃してしまうと雨漏りが発生するからです。雨漏りが発生しないためには、修理業者に依頼をすることが必要になりますがこの時どのような特徴があるのでしょうか。あるいはその作業工程を知っておくと良いかもしれません。

屋根修理とは

屋根修理 千葉市

一戸建て住宅を所有しているとすれば、定期的にメンテナンスが必要になります。メンテナンスの中で比較的重要になるのは屋根になるかもしれません。この部分に関してはなかなか普段から気にすることはありません。なぜなら、普段生活をして屋根の上に登ることもないからです。花火を見る時に屋根の上に登る人は昔ならいたかもしれませんが、それは昭和時代の話であり今や令和の時代にそのようなことをする事は無いわけです。そうすると、普段の生活をしていく中で屋根に関して注意を向ける事はなくなってしまいます。そうすると、初めて屋根の劣化に気がつくのは雨漏りが発生した時かもしれません。このとき初めて屋根修理をするケースが多くなります。 屋根修理にも様々な種類がある中で、例えばスレートが少しずれている段階で修理をすればあまり劣化せずにすみます。しかし雨漏りまで発生してしまうと、かなり重症と言えるかもしれません。がん患者で行けば、ステージ4まで進んだ段階といっても言い過ぎではないでしょう。そこまで言えないまでも、少なくともステージ3ぐらいまで進んだ段階と考えていければわかりやすいかもしれません。ちなみにスレートがずれた段階はまだ ステージ2ぐらいの段階であり、それほど修理費用が高くないものです。それぐらいだと、まだ修理費用は50,000円程度で済ませることができるかもしれません。つまり、あまり劣化していない状態を意味し直接建物が大幅に劣化するわけでは無いわけです。一方で水漏れが発生している場合とは、かなり修理費用が高くなる可能性があり500,000円を超えるケースもあります。

屋根修理の主な工程

屋根修理 千葉市

では、これから修理業者に屋根修理を依頼する場合どのような作業工程を踏むのでしょうか。作業工程の第一段階は、まず屋根の上に登る事からスタートします。業者は、屋根の上に登らなければなかなか状態がわからないため、はしごなどを使って確認するケースがほとんどになります。もっとも最近はドローンなどを使って検査するケースもあるため、昔のように絶対に屋根に登らなければいけないわけではありません。ドローンを飛ばすことで、費用も安くなるだけでなく作業員の手間も大きく減ることを知っておきましょう。このように時代は進化しており、徐々にAIの力などが必要になります。やがて修理の仕方を、AIによって変わってくるかもしれません。少なくとも、ドローンを飛ばすことができれば早期のうちに修理状況を発見することができるわけです。 もし何らかの問題が生じていた場合、屋根のスレートや屋根瓦等を外すことで中を見ます。屋根瓦やスレートがずれているだけならばそれを修復し終わりますので1万円もかからないでしょう。しかし防水シートなどまで劣化していれば、とりあえず防水シートを交換しなければいけません。通常防水シートが劣化するケースは建築から15 年ぐらい経過した後になります。 その段階で終われば良いですが、例えば部屋の中まで雨水がポタポタ垂れているケースもあるかもしれません。部屋の中に水が垂れているとすれば、屋根の中まで見ておくことが必要になります。この場合には、部屋の中に入り天井裏を開け状態をチェックすることが必要になるかもしれません。天井裏を修正すると同時に屋根の劣化部分を修正する流れです。

屋根修理を実施するタイミング

屋根修理 千葉市

屋根修理を実施するタイミングはとても重要になり、これは大腸がんの腫瘍を発見する時期位大事なことになります。タイミングに関しては概ね2種類あり、人間が気がついたときに行うのが1つのタイミングです。この気がつく時とはどのような時かと言えば、雨漏りが発生した段階です。雨漏りが発生も実は2種類あり1つ目は、壁に水が染み込んでいる状態です。天井を見上げたとき、何やら黒いシミのようなものが発生していることがあります。大抵の場合、部屋の真ん中と言うよりも部屋の端っこからシミが広がってくるでしょう。このときには、すでに雨漏りの前兆と言っても良いかもしれません。大腸がん等で言えば、ステージ3位の状態になります。 そして1番ひどい状態と言うのは、完全に雨漏りが発生してしまった状態です。よくアニメや漫画などで天井から水が垂れてくるのでバケツ等で防いでいる人を見かけますが、あれはかなり重度の状態と言っても良いです。大腸癌で言えばステージ4の状態といっても言い過ぎではありません。 このように、目視できるパターンもありますが、目視してから修理すると少し遅いわけです。つまり修理費用が莫大にかかってしまうケースがあるため定期的 に点検をしておいた方が良いです。業者によっては1年を機に点検をしてくれるところもあるため、そこにお願いをすると良いかもしれないです。点検をすると、雨漏りの前の段階で気がつくケースがあります。15年位中経過した住宅は、屋根瓦やスレート等がずれているケースがあります。そうすると雨漏りの原因になるため、この部分を修理することになるでしょう。つまり、点検をして初めてわかるケースになります。

屋根修理にかかる費用

屋根修理 千葉市

本格的に修理が必要と感じた場合でも、一体どれぐらいの費用がかかるのか気にしておかなければいけません。実は費用といっても、相場を出してもなかなかはわかりにくい部分があるわけです。何故かと言えば、程度によって随分と異なるからです。例えば、自動車の修理を考えたらわかりますが、少し傷をつけた場合と時速50キロ位出した車と車が接触し、バンパーを元フレームが歪んでしまった場合などが考えられるわけです。もし、少し軽く傷が付いている場合は30,000円位で修理をすることができるでしょう。一方でフレームが歪んでいるあるいはバンパーが壊れてしまった場合は80万円以上の請求になる可能性があります。この場合、自動車修理の相場を知っていても何ら意味はありません。それよりも、個別にわけで相場を知るならばそれなりの意味があるといえます。 屋根修理で言えば、軽くスレートがずれている段階であれば、30,000円位かそれ以下の金額で済ませることができるかもしれません。ところが、天井から雨漏りが発生してしまっている状態だと、スレートのズレを直す同時に防水加工をしなおしさらに天井の部分を新しくしなければいけません。そうすると500,000円位のお金 がかかるケースもあります。安くても200,000円位になりますが、かなり程度が良かった状態です。 程度が良かった状態と言うのは、まだ完全に雨漏りがしていると言うよりも天井に水が染み込んでいる状態です。天井を見上げたとき、シミのようなものができてきた段階ならばまだ最高に劣化しているとは言えません。この段階ではすぐに修理業者にもお願いをして修理をしてもらうのが良いかもしれません。

屋根の修理をする場合には、まずどの段階で修理をするかによって費用がずいぶん異なります。大抵の場合雨水がたれた段階で修理をすることになりますが、この段階では少し遅いといえます。できれば、初期の段階で修理をすれば費用は安くなりがちです。