二重まぶたWEB TOP → 目の印象を変える手術方法 眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上まぶたを開ける動きをつかさどっている眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉の働きが弱くなって思いどおりに目を開けることができない状態のことです。眼瞼下垂には先天的なものと老化で筋肉が弱くなることによるものがあります。

眼瞼下垂になると目が開けにくくなってしまうので、額にしわを寄せて眉毛を上げるようにして目を開こうとするため額や眉間のしわができやすくなり、その結果として無愛想な印象の表情に見られがちになってしまいます。

また、目の開閉だけで労力が使われるので目も疲れやすくなり、頭痛や肩こりの原因となってしまうこともあります。

目の大きさは目を開けたときにどれだけ黒目が見えるかによって大きく左右されることが多いようです。黒目が9割程度見える場合はいわゆる「デカ目」の印象になり、7割程度見える場合は一般的な大きな目になります。そして黒目が見える割合が5割程度になると眠そうな印象に見えてしまうそうです。

眼瞼下垂の手術は病気や筋肉の衰えが見られなくても、眠たそうに見える目や細い目をぱっちりと大きくしたい場合にも用いられて、この手術によって上まぶたを上方向に大きく開くことができるようになります。

眼瞼下垂の手術では上まぶたにある眼瞼挙筋を縫って縮めることによって目の縦幅を広げて、まぶたを開ける力を強化します。手術にかかる時間は約30分程度で、自然にぱっちりとした美しい目もとを実現することができます。

目の印象を変える手術方法


錦糸町 美容室 美容院 メンズ 人気 カット ヘアカラー オススメ
株式会社TRANSACTION