二重まぶたWEB TOP → 目の印象を変える手術方法 目頭切開法

目頭切開法

二重まぶたにしても、なぜかしっくりこない場合や、もっと目を大きくしたいといった様々な要望にこたえる手術方法に目頭切開法があります。

目頭切開法は、目頭をほんの数ミリ程度切開することで、目をすっきりと大きくすることができる手術方法です。目の横幅が大きくなって目頭に上まぶたが重ならないため視野も広くなります。

多少目が離れているのはチャームポイントになり可愛らしい印象となりますが、目と目が離れ過ぎている場合はアンバランスな印象になってしまいます。

大人っぽい美しい目に見せるためには、左右の目の横幅と目と目の間の幅が、1対1対1の比率になるのがちょうどよいと言われています。目頭切開法では、目頭を切開して離れすぎている目を中央に寄せて切れ長で大きな目にしていきます。

目頭切開法の手術では、目頭から上まぶたにかけてかぶさっている蒙古ヒダを切開して、目の横幅を広げていきます。目頭切開法は目頭や蒙古ひだの形によって術式が変わります。

術式には、蒙古ひだが強い人に向いていて傷跡が目立たないZ法、蒙古ひだを完全に除去するW法、内側に目を大きく広げたい場合に適しているV法があります。

目頭切開法を行うと、目が切れ長でひと回り大きくなるのでアイラインのバリエーションが広がります。また黒目もはっきりと強調されるようになります。

目頭切開法は目と目が離れてアンバランスな方や目を大きくしたい方、目を切れ長にしたい方などに向いている手術方法です。

目の印象を変える手術方法