二重まぶたWEB TOP → 目の印象を変える手術方法 埋没法

埋没法

埋没法はメスを使わない手術法で、二重まぶたの手術法の中では一番安全で手軽に行うことができる手術法です。

まぶたの裏側から糸を埋め込んで、上瞼の皮膚の一部を引っ張って二重まぶたを形成します。埋没法という名前は、糸が外から見えなくて埋没していることからそう呼ばれています。

手術では、まぶたの裏側の2〜3箇所を、医療用の細い溶けない糸で留めて、二重のラインを作っていきます。手術時間は5〜15分程度なので短時間ででき、切開法よりも価格が安く設定されています。

メスを使わない手術なので傷跡は残らず、従来の二重まぶた整形手術と違って手術部位の腫れなどのダウンタイムがとても少ないのが特徴です。人によって全くダウンタイムを感じない方もいらっしゃるようです。

そのため、埋没法の最大のメリットは患者さんの負担が少なく済む点でしょう。切開しないので抜糸する必要もなく、傷跡も残りません。糸で縫い留めるだけなので、万がいち二重まぶたが気に入らない場合は、糸を取り除いて元に戻すことができます。

しかし、埋没法は糸で留めているだけなので、糸が切れてしまうと一重に戻ってしまうことがあります。もとに戻ってしまうまでには個人差があり、1ヶ月後に外れる方もいれば、10年もつ方もいます。

埋没法では、たいていは保証期間が設定されていますので、その期間内ならば無料で再手術してもらうことができます。また中には、糸の結び目によって眼球が傷つけられてしまう可能性もあります。

メリットが多くてとても魅力的な手術方法ですが、確実に安全だとは言い切れませんのでプチ整形だとしても十分に考えて決めるようにしましょう。

目の印象を変える手術方法