二重まぶたWEB TOP → 二重まぶたの基礎知識 二重まぶたと赤ちゃん

二重まぶたと赤ちゃん

目は顔の印象を大きく左右するもので、目によって他人に与える印象がかなり違ってきます。そして一重まぶたに比べて二重まぶたの方が、良い印象となる場合が多いようです。

そのため、自分の赤ちゃんが一重まぶたになるか二重まぶたになるかについて気にされるお母さんやお父さんはとても多いようです。しかし残念ながら二重まぶたか一重まぶたかは遺伝によって決まることが多く、両親共に一重まぶたの場合は生まれてくる赤ちゃんも一重まぶたになってしまう確率が高くなってしまいます。

でも赤ちゃんは成長するに従って顔がどんどん変わってきます。最初は一重でも後に二重になる可能性もあるのです。

一般的に見てみると、生まれたばかりの赤ちゃんは一重まぶたであることが多いようです。これは赤ちゃんのまぶたの裏側に脂肪がついているからです。この場合は成長して動き回るようになると痩せてまぶたの脂肪もなくなってくるので、後に二重まぶたになることが多いようです。

このように後から二重まぶたになる赤ちゃんは、1歳頃を過ぎた頃に自然に二重になっていきます。もしも、1歳を過ぎても一重まぶたのままであれば、目の運動によって二重になる可能性もあります。

最近では、子供のうちに整形をさせてしまう親もいるようですが、自分の子供が二重まぶたじゃないからといって気にしすぎてしまうのはよくありません。二重まぶたは遺伝による可能性が高いことは確かですが、その後の環境の変化によって変わっていくことが多いのであまり神経質に考えないようにしましょう。

二重まぶたの基礎知識


酒田市の不動産
はこちら