二重まぶたWEB TOP → 二重まぶたの基礎知識 二重まぶたと遺伝

二重まぶたと遺伝

一重か二重かは遺伝によって決まると言われています。これは、両親が一重まぶたの場合に生まれてくる赤ちゃんは一重まぶたになる確率高いということです。逆に両親が二重まぶたの場合は、生まれてくる赤ちゃんは二重の確率が高くなります。

そして、両親がそれぞれ一重と二重の場合は、生まれてくる赤ちゃんはどちらもありえるようです。生まれてきたときに一重の場合は、二重に変わることはあまりないようですが、これは一概にはいえません。

赤ちゃんは成長するに従ってどんどん顔が変わっていきます。その成長の過程で二重まぶたに変化したり、20歳を過ぎてから二重まぶたになる方などの例もあります。

また、痩せたり太ったりなど体系が変化することで、一重から二重に、もしくは二重から一重に変化するといったこともめずらしくないことです。

生後間もない赤ちゃんの段階では、一重まぶたの場合が多いと言われることがあります。この場合はまぶたの裏にある脂肪やたるみ具合が一重か二重かの違いに影響を及ぼしていると言うことができます。

そのため、両親が両方とも二重なのに、赤ちゃんが一重といった場合には、徐々に成長して動き回るようになると痩せてきて、1歳を過ぎる頃に二重になっていることが多いようです。

生まれてくる赤ちゃんが一重か二重かが重要な問題と思われているお母さんも多いかもしれませんが、まぶたの皮膚はやわらかく変化しやすいので、一重でも目の運動やまぶたの脂肪の変化で二重になる可能性は十分にありますのであまり気にしない方がよいでしょう。

二重まぶたの基礎知識


アプルウェイ
アプルウェイなら医療関係者向けの製品情報サイトで!