二重まぶたWEB TOP → 二重まぶたの基礎知識 二重まぶたの種類

二重まぶたの種類

二重まぶたの中にも種類があり、大きく分けると3種類となっています。

?平行型
目頭から目じりにかけて一定して二重の幅が広いタイプで、世界的に多く見られる二重で、特に欧米人に多いと言われています。目がぱっちりとして大きく見えるので、とても華やかな印象をあたえます。

?末広型
目頭から目じりにかけて徐々に二重の幅が広くなっていくタイプです。日本人に多く見られる二重まぶたで、控えめですっきりとした印象をあたえます。目頭に蒙古ヒダがあると末広型になると言われています。蒙古ヒダは目頭にかぶさっている皮膚のことで、東洋人特有のものと言われます。末広型の二重は日本人に最も似合う自然な二重で、ナチュラルメイクが向いていて、老若男女誰からも愛されるタイプです。

?奥二重
一般的に一重まぶたよりも目が丸くて大きく見えるけれど、二重の幅が狭いタイプを奥二重と言います。奥二重は、まぶたの奥に二重部分が隠れている状態で、一重との区別がつかない場合もあり、自分が一重と思いこんでいる人が実は奥二重だったということもあります。

また世界的に最も多い平行型には2種類があります。

・幅のせまい平行型
大人しい印象でも華やかに見えるタイプの二重です。化粧をしていなくても目が大きく見えます。

・幅の広い平行型
ぱっちりとしたお人形さんのような目で、つけまつ毛やアイラインなどギャルメイクがはえる派手目の二重です。とても二重の幅が広いので目が大きく見え、ハーフのような印象の場合もあります。

二重まぶたの基礎知識