二重まぶたWEB TOP → 二重まぶたの基礎知識 一重まぶたとは

一重まぶたとは

一重まぶたとは、まぶたの筋肉がまぶたの下部の淵に沿って存在する瞼板(けんばん)と1カ所だけで接合されているため、目を開けてもまぶたが引き上げられずに折り目ができない状態のことです。

一重まぶたは目が細くなるので眠そうな印象や、暗い印象、冷たい印象を他人に与えてしまうことが多いようです。また、まつ毛が下向きになるので余計に目を小さく見せてしまいます。

また、一重まぶたは、まぶたの下の脂肪層に脂肪が多いと、まぶたがふっくらとして一重まぶたになることがあり、逆に脂肪が少ないと皮膚にできたたるみによって二重まぶたが形成されるようになります。

機能的に見ると一重まぶたでも二重まぶたでも違いはありません。また美しさの志向も時代とともに変化するものなのでこれについてもどちらが優位かは分かりません。

日本民族のルーツをたどってみると縄文人は二重まぶたで、その後渡来した弥生人は一重まぶたと言われ、弥生人が日本を長く支配していました。一重まぶたが美男美女のモデルとされていた時代もあり、源氏物語や浮世絵などには全て一重まぶたが登場しています。

二重まぶたがもてはやされ始めたのは、欧米志向が強くなってきた明治時代になってからです。そして現代では小顔とぱっちりとした二重まぶたの大きな眼が憧れの美男美女のモデル像になっています。

まぶたの機能上では一重まぶたでも二重まぶたでも何の支障もありません。しかしもうひとつのまぶたの機能である表情をつくることに関していうと、二重まぶたの方が接合箇所が2か所なのでより複雑に動くことができると言われています。

二重まぶたの基礎知識


アマリール
アマリールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!