二重まぶたWEB TOP → 二重まぶたの基礎知識 二重まぶたとは

二重まぶたとは

二重まぶたとは、まぶたの開け締めの際に使われる筋肉とまぶたの皮膚がしっかりと結びついているため、目を開ける際にまぶたの皮膚も一緒に引っ張られて折り目ができることです。

一重まぶたでは、まぶたを開け閉めする筋肉とまぶたの皮膚がしっかりと結びついていないため、目を開けてもまぶたが引き上げられずに折り目ができません。

世界的にみてみると、二重まぶたは白人や黒人に多く見られます。それに対して一重まぶたは中国やモンゴル、日本といったように、北東アジア地域を民族の源流とする人達に限られるようです。

特に白人系の場合は、彫が深く額と鼻のT字部分が頬からせり出していることが多いので、眉毛よりも目が奥に引っ込んだ状態になり、二重まぶたを形成するくぼみができやすいと考えられています。

本来まぶたの役割とは、眼球を保護して目の潤いを与えることです。まぶたの先端に生えているまつ毛の役割もまぶたと同じ眼球保護の一部を担っています。そのためまぶたは、眼球保護の役割を果たすために開いたり閉じたりする動作を繰り返します。

そしてその動作は、まぶたの下部の淵に沿って存在する瞼板(けんばん)と呼ばれる軟骨様の硬い板がまぶたの上部分から伸びている筋肉とくっついて、その筋肉の収縮で瞼板が引っ張られることによって行われています。

まぶたの筋肉が単純に一カ所だけ瞼板と接合している場合が一重まぶたになります。またまぶたの筋肉が枝分かれして瞼板だけでなく皮膚にも接合している場合は、目を開けて筋肉が引っ張られたときに瞼板と皮膚の間にヒダができるので二重まぶたになります。

二重まぶたの基礎知識


水素水生成器
こちら